発毛をお考えのあなた、発毛方法はいろいろあるのを知っていますか?いま知っているその方法が正しいかどうか、もう少し調べてから実践するべきです!

鏡を見ている男性

発毛治療には種類がありますが、メリットばかりに注目してしまうのも良くありません。きちんとデメリットも理解しておくことが大切と言えます。
回復方法としては治療薬によるものがありますが、薬を利用する際のデメリットは副作用があることです。
例えば塗り薬のミノキシジルの場合ですと、動悸や頭痛、多毛症などが起こってしまうことがあったり、飲み薬のフィナステリドの場合は男性機能の低下が起こることがあります。
しかもフィナステリドは後遺症のリスクもありますので、副作用が出た後に使用を中止した場合でも症状が残る恐れがあるのです。
フィナステリドが成分の薬と言えばプロペシアですが、プロペシアは先発医薬品ですので価格も高いというデメリットがあります。
しかし、効果が高い医薬品は利用して損はないでしょう。ローコストで飲み薬でのAGA治療をしたい人は同じフィナステリドが成分のエフペシアがおすすめです。
エフペシアは価格の安いAGA治療薬ですので、発毛にはもってこいの治療薬と言えます。
他の治療法として挙げられるのが植毛治療ですが、この治療法にもデメリットがあります。
まず自毛植毛をする場合のデメリットに全体の髪の毛の量を増やせないことです。
自毛植毛は生えている髪の毛を薄いところに移植する治療ですので全体量を増やすことはできません。
ですから治療を行ったものの全体的にボリュームのない状態になってしまう可能性がありますし、中途半端な回復になってしまうこともあるのです。
植毛治療には人工毛髪を用いる方法もありますが、この治療のデメリットは一時的な効果しかないことです。
人工毛髪はやがて抜けてしまいますので定期的に植え直す必要があります。
その度に費用が掛かってしまうことがありますから結果的に高いコストになってしまうこともあるのです。
また、人工毛髪ですと頭皮トラブルのリスクも高まります。
異物を植え込む治療ということもあり湿疹が発生してしまったり、時には頭皮トラブルが原因でさらに薄毛になることもあるのです。
こういった治療はどれも有効性があるものの一方でマイナス点もありますので、しっかりと良し悪しを理解して選ぶ必要があります。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

サイト内検索
最近の投稿
    アーカイブ